2010年11月11日

ryuichi sakamoto 2010 north american tour @ seattle


Playing the Piano

Playing the Piano

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Decca
  • 発売日: 2010/09/28
  • メディア: CD



坂本龍一シアトル公演に行ってきました。
ハロウィンということもあり、アホアホマンの格好で出てきたらどうしようかと思っていたんですが、もちろんそんなことはありませんでした(w。
会場であるThe Moore Theatreは、比較的小さいこともあって、満員。
ちなみにこの会場は、2004年に女子十二楽坊LIVEを行った会場でもあります。
もっとも、あの時は観客の半分以上が中国人、XUtadaの時は観客の半分以上が日本人って感じだったのに対し、今回は8割ぐらい日本人だったような気がします。
ただでさえ狭いシアトルの日本人コミュニティーだというのに、会場はそんな日本人による事実上の集会のような様相(w。
でも、それぐらい混雑しているように感じましたね。
一階席はほぼ空席はなかったはずですし、あの調子では2階席も満員だったんじゃないでしょうか?
ステージの真下に、通常の固定席とは別に、木の椅子を並べていたくらいですから。
おかげで、ただでさえ小さな会場が、ものすごい人口密度に。
肝心のステージは、ツアーのタイトルのとおり、いたってシンプル。
ピアノが2台置かれ、後ろにはスクリーンがあり、今回のコンサートは一人で連弾を行うこと、テクノロジーYAMAHADisklavierを利用することによりそれが可能になったという旨が表示がされていました。

続きを読む
posted by LE ROI TRISTE at 20:57| シアトル ☀| 邪道式音楽評論 [Music Reviews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

「田村ゆかり Loveハート(トランプ)Live *Princess à la mode*」


田村ゆかり LOVE LIVE *Princess a la mode* [Blu-ray]

田村ゆかり LOVE LIVE *Princess a la mode* [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: Blu-ray



"Super Special Smiling Shy girl"


よくLIVEでミュージシャンが「みんなと一つになりたい。」みたいなことを言うが、それはあくまで比喩みたいなものである。
心を一つにすることは出来るかもしれないが、物理的に一つになることなんて出来るわけがない。
よって、現実的には理想でしかなく、近いことが出来たとしても、出来るのは、ほんの一握りだけである。
だが、音楽業界は広いもので、そんな無茶な理想に"ある意味で限りなく近づいた"異次元なLIVEを繰り広げるアーティスト、というか"奴ら"がいる(謎。
ゆかり王国の姫(笑)こと田村ゆかり(現在、自称"17歳"で背番号34)、そして、そんな"ゆかりん"の狂信的な信者、じゃなかった(笑)ファンである通称"王国民"の皆さんだ(w。
アイドル声優業界的には、"7"こと水樹奈々、"ほっちゃん"こと堀江由衣と並び、業界御三家と呼ばれてもおかしくないほどの超売れっ子だ。
自称アニソン評論家として言わせてもらうと、歌唱力の7、可愛さのほちゃ、そして表現力のゆかりんって感じで、見事に棲み分けが出来ているが面白い。



まぁ、ゆかりんの経歴は、各自適当にWikiあたりで調べてもらうとして、LIVEでの恐ろしさを説明しよう。
それはズバリ、全世界の芸能界の中でも特に統制がとれていることで知られる"調教済みのお客さん"達の存在である(謎。
基本的にどこのアイドルのLIVEでもキモヲタは集まるものだが、普通は重度から軽度まである程度はバラけるものなのだが、ゆかり王国では違う。
集まるお客さんのほとんどが忠誠心に溢れる重度の廃人ばかりなのだ・・・いや、いい意味で(w。
その調教、じゃなかった(笑)統制された客のノリは、まるで軍事演習
会場はほぼピンクのサイリウムで一色に埋まり、曲の間に挟んでくる合いの手はどこで練習してきたんだろうか?と思うほど全員がタイミングを合わせてきて、さらに曲によっては間奏で、誰が作り始めたのかは知らないが、ゆかりんを称える呪文(?)を一心不乱に唱えてくる。
問題は、そんな連中が1万人規模で存在していて、日本武道館や横浜アリーナに集結してしまうことだ。
その様子は、まるで極東の某独裁国家や、旧共産圏の国々の軍事パレードのような迫力である(w。

通常、LIVEでの観客の歓声はノイズやS.E.のようなものでしかないのだが、ゆかり王国の場合は違う。
もはや彼らは完全に演奏の一部だ!
映像や音声で確認すると一番わかりやすいのだが、他のLIVEとは違って声を出すときは一斉に出すのに、出さないときは綺麗に静かになっている(w。
言ってしまえば、事実上、愛する姫の為に楽器になってしまっているのである。
それも自主的に、ほぼ独断でだ(w。
こんな異色なLIVEは聞いたことがない。
たしかに、お客さんと共同で一つの世界観というか"音"を構築しているという点では、物理的に一つになっていると言っても過言ではないかもしれない(w。
だから、自称アニソン評論家としては、前々から一度、ゆかりんのLIVEをじっくり観たいと想い続けていた。
そして、先日、ついにLIVEのDVDを観ることが出来た。
2010年の1月に、横浜アリーナで行われたLIVEのDVDだ。

さて、前置きがかなり長くなってしまったが、ここから先はさらに長くなるので(笑)、早めに簡単な結論だけ先に言おう。
このDVDを観るまでは、自称アニソン評論家的には、JAM PROJECT、7、May'nタソ、そして、このゆかりんが今のアニソン四天王だと思っていた。
正直、今まではなんだかんだ言っても、少しだけネタにしながら観ているところがあったのも事実だ。
だが、今回のLIVEを観て、その認識を改めさせられた。
アニソン代表?四天王の一人??バカを言っちゃいけない。
もはやアイドルの次元をとっくに通り越している。
断言しよう、 ゆ か り ん の 存 在 価 値 は 、 も は や ア ニ ソ ン の 枠 を 通 り 越 し て 、 全 ジ ャ ン ル を 含 め た 日 本 代 表 ク ラ ス
(マジレス 。
正直、"恐ろしさ"だけなら生で観たことがあるX JAPANUtadaのLIVEに匹敵する代物だった。
冗談抜きで、これよりブッ飛んでたLIVEって昔テレビで観たマイコーの野外LIVEぐらいしか思いつかない(w。
なぜか?それは、我々の常識をくつがえす全世界の音楽史でも前例がないような衝撃的なパフォーマンスが収録されていたからだ。
それぐらい、まさにカルチャー・ショックとしか言いようがないLIVEだった。

というわけで、ここから先はこのレヴューを読むもよし、読まないで早速DVDを観るのもよしなのだが、最後に一つ、注意事項があります(w。
最終的な結論をさらにネタバレすると、熟成されたキャラ設定、絶妙に毒を効かせたトーク、異常にスカートが似合う脚線美と白い肌、最新の機材を使ってこだわり抜かれたCDDVDの音質、よく練られたLIVE構成、質の高いバック・バンドの面子、完成された世界観など、人気の要素は数あれど、ゆかりん最大の魅力は二つある。
まず全世界中探しても、これだけ可愛い声で、これだけ生で歌える歌手はまずいない
可愛い声をだせるだけならたくさんいるし、生でも安定した歌唱力を発揮出来る歌手は世界中にうじゃうじゃいるが、その二つをこれだけの水準で両立させている歌手はほとんどいない(特に可愛い声の部分)
ましてこの歌声は洋楽ではまず存在しないのだから、たとえ世界的には需要のない絶滅危惧種(笑)だったとしても、ものすごい稀少価値なのである。
そして、最大の魅力は、今挙げた全ての要素を、10年近く熟成し、維持してきた崇高なプロ意識だ。
この二つのうち、どちらか一つにでも気づいてしまったら、2度とバカにすることはできないだろう。
まして二つとも気づいてしまったら、もうゆかり王国に完全に迷い込んでいるということを、現在進行形で迷い込んで困っている身として忠告しておきます(w。
というわけで、ここから先は、王国民にされてしまうリスクがあるということを理解してから進んでください(マジレス。
今 な ら ま だ ネ タ に し て 笑 っ て い ら れ る ぞ (w 。

続きを読む
posted by LE ROI TRISTE at 07:57| シアトル ☔| 邪道式音楽評論 [Music Reviews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

X JAPAN WORLD TOUR Live 2010 North American Tour @ Seattle



ついに長年の夢だったX JAPANのLIVEに参戦することが出来ました。
hideにしろXにしろ、本格的にハマったのはhideの死がきっかけになってからでしたので、ここ最近の再結集、そして、それに伴なう今回の全米ツアーは、LE ROI TRISTEのような新参者で、アメリカ在住の身にはとても幸運なことでした。
全米ツアー、そして、Seattleがその予定に組み込まれていたことが正式発表された後でも、そこはそれ。
Xだから何でもありなんで、YOSHIKIが倒れてツアーが中止になったり、チケットが即完売してしまったり、シアトルまで来たはいいけど、スタバ1号店のコーヒーが苦いとかいってYOSHIKIがぶち切れてドタキャンしたり(笑)、たとえ無事にLIVEが始まっても、やっぱり途中でYOSHIKIがブッ倒れて中止になったりとか、色々考えてしまい凄い不安でした(w。
だから、チケットが発売されたその日に、即購入
日本だったらありえないぐらい前のほうの席が取れたので、その時は興奮したのですが、郵送中に紛失されたら嫌だと思って自宅で印刷形式のチケットを自分で購入したくせして、その前に盗まれたり、当日持っていたら機械で読めないとか言われたらどうしよう?とか変なとこで不安になったりしましたね。
さらにLIVE前日には、事故ったりしたら嫌だから外出は控えて、LIVE当日もチケットはボタンが閉まる胸ポケットにしまって、さらに万が一に備えて発行されたチケットが表示されていたページのHTMLおよび画像データ全てをUSBメモリに保存して持っていったほどの念の入れ方をしてしまいましたwww。

そんな感じで会場であるParamount Theatreに到着。
1月にUtadaがシアトルに来たとき、その時は別の会場だったんですが、もの凄い行列で、ダウンタウンの1ブロックを1周するほどの規模だったんですよ。
今回もそれを見越して早めに行ったのですが、わりと早く開場してくれたこともあってスムーズに中に入れましたね。
もっとも、Utadaの時と違って全席指定だったので、別に遅く行っても問題はなかったのでしょうが、前述の不安もあり、とにかく早く中に入れるかどうか確かめて席に座りたかったんですよ。
万が一なんかのエラーで同じ席が2重発行されてたら早い者勝ちだとか思って。
いや、日本在住の方は何をさっきからって思うかもしれないけど、アメリカってこれぐらい準備してないと、たまにいいかげんすぎてほんと怖いんだってば(w。
ちなみに自分が着いた時には、会場の1辺ぐらいの長さの列だったんですけど、この時点ですでにカメラが回っていてインタヴューをとっていました。

ちなみに、今回の会場であるParamount Theatreは普段はミュージカルがよく行われる会場。
収容人数はだいたい3000人ぐらい。
ちなみにシアトルに「ライオン・キング」が来たときはここでやりました。
後、STOMPもここでしたね。
日系で比較すると、2003年にB'zが、去年はVAMPS、そして、1月にUtadaがLIVEをしたSHOWBOXは、LIVEハウスなので収容人数は大体1000人強ぐらい。
女子十二楽坊がLIVEを行ったMoore Theatreは1500人弱ぐらい。
ただ、シアトルの中での格としては、やっぱりKeyArenaが一番大きくて、収容人数は1万5千人強ぐらい。
たしか、復活したQUEENとかBeyoncéとかCéline DionがLIVEを行ったのはここ。
LE ROI TRISTEも、この前BLUE MANが来たときは、ここに見に行きました。

というわけで、無事に会場に入れたのも束の間、客席を開けるのは更に数十分後ということで、適当に場内の様子を眺めてました。
っていうか、特にセキュリティからのチェックが無かったのが驚き。
Utadaの時は、前の会場での様子がYouTubeに出まくったせいか、開演前も開演中もすごい厳重な警備だったのに。
というわけで、まずは物販。
遠目からしか眺めていなかったのですが、売っていたのはほとんどがT-shirtsとYOSHIKITTY関連。
値段はたしか$30($60とかのもあったような)!?YOSHIKITTYに至っては$100って書いてあったような・・・って、高ぇーYO、買えるか(w!
hideなんて高いチケット代出して来てくれるファンの為に、グッズは全て5000円以内にしていたらしいと言うのに。
まぁ、小さい携帯ストラップみたいなYOSHIKITTYは$10ぐらいでしたけど。
でも、後で気づいたんだけど、あのTシャツって後ろのXの文字が光るやつがあるのね。
やっぱり買っておくんだったと後で後悔しました(w。
ちなみに攻撃続行中っていう東京ドームと横スタの日時が書かれてたTシャツだったと思います(つまり、日本で売っていたモノをそのままこっちに持ってきたっぽい)
後、バーでお酒も飲めたんですけど、そこにスペシャル・カクテルとして"Say Anything"ってのが売ってました(w。
値段はたしか$10以下だったような気がする。
正直、飲んでみたかったんだけど、これから記念すべき初Xジャンプ飛びまくるって時に、万が一酔ってしまっていたら嫌だったので泣く泣く我慢しました(w。

次に客層としては、Utadaの時と一緒で当然日本人が多い。
でも、Utadaの時は、だいたい日本人3割、アジア系(主にチャイニーズとかコリアン)が4割、その他アメリカ人が3割って感じだったんですけど、今回は日本人4割、アジア系2割、アメリカ人4割って感じでしたね。
そして、Utadaの時とは決定的に違っていたのは、3割から4割ぐらいのお客さんがXのTシャツを着ていたこと
Utadaの時はなんのグッズも売ってなかったからね、って、おまいら明らかに会場に入る前からそれ着てたよな?どこで買ってきた!?通販か?もしかして全員日本もしくはLAとオークランドに参戦済みだったのか(w!?
ついでに言うと、意外に若い女の子が結構いましたね。
Xが活動してた時代設定的に平均年齢は高いのかと思っていたんですが。
いやぁ、最近可愛い日本人の女の子をじっくり眺める機会が無かったので、ついついテンションが上がっちゃいましたね(*´Д`)/ヽァ/ヽァ。
うん、やっぱ、女は大和撫子に限るよ、うん(どうでもいい)
でも、真面目な話、男女比はほとんど同じぐらいでしたよ。
気持ち女子部のほうが多かったぐらいで。

後、明らかに好きで髪とか目元を黒く染めてるアメリカ人も、これまた結構いましたね(謎。
うん、いわゆるメタルとかが好きそうな怖い人達(w?
後、ゴスロリとか好きそうな人達とか。
もしかしたら会場のスタッフだったのかもしれないけど、なぜかメタリカのTシャツ着てるアメリカ人がいたり。
なので、写真とか動画とかで後ろ姿が黒髪ばっかりだからって、なんだよアジア系しか見に来てねーじゃんとか言わないように。
でも、数は少なかったけど、地味に目立っていたのがコスプレ軍団(w。
あれは多分日本から参戦してきたんだと思うけど、なんかあの「CELEBRATION」のPVYOSHIKIが女装した時の(YOSHIKIシンデレラ)青いドレスを着た女性3人組がいて、結構目立ってましたね(w。
後、Spread Beaver時代のhideのコスプレをしてるアメリカ人の女の子がいて、hideの遺伝子がこんなとこでも生きてるんだなって言うと変な言い方なんですけど、たとえhideがもういなくても、たとえ映像なんか使えなくても、こういうところでhideの存在感を感じられるのが、なんでか知らないけど、とても嬉しかったですね。

てな感じで、やっと客席に突入。
うわっ、近ぇ
数字の上ではわかってはいたことなのだが、いざ実際座ってみると本当に予想以上に近い。
今のうちに言っておくと、LIVE中にTOSHIから水ぶっかけられたぐらいwwwww。
多分、最後にメンバーが撮った写真の中に映ってるだろうなぁ_| ̄|○。
そして、予定通り、8時から前座であるVampires Everywhere!のLIVEが始まった。
うん、まぁ、事前にYouTubeとかで予習した通り、つねに叫びっぱなしで何言ってるんだかわかんない歌でした(w。
曲の間に、ヴォーカルとたしかベースが客席とステージの間に飛び降りたりやりたい放題。
でも、そのベースの人は、着地に失敗してこけてたけどね(w。
ステージに戻る時も、先にベースをステージに置いてから、よいしょ!って感じで登ってた(;´∀`)。
後、地味にキーボードの奴が、LIVE中ずっと変な踊りしてて、あれは冗談抜きでラリっててもおかしくないなって思った(w。
まぁ、でも、ちゃんとこれから登場するXのことを宣伝して、場を盛り上げてたね。
でも、彼らが前座で30分のLIVEをやっている間は、まだ客席は6割も埋まってなかったと思う。
どうでもいいけど、彼らが前座をやってる間に、立ち上がりながら熱狂的に応援してたのが10人ぐらいいたんだけど、そのほとんどが日本人の女の子だったのはどういうことだ!?
アメリカ人で、立ち上がって騒いでたのは多分一人か二人ぐらいで、他は皆しらーって感じで座ってたのに(w。
なのに、わざわざ通廊からマイケルー!とかメンバーの名前を思いっきりカタカナで黄色く叫んでる女の子たちがいた(;´Д`)。
おいおい、まだ2回しかXとは一緒にやってないはずなのに、もう(日本人の)固定ファンがついてるの!?
くそう、なんだよ、結局、女っていうのは外タレなら誰でもイイのかYO!?って思ったwww。

いやぁ、でも、Xヲタの女の子たちってノリがイイね。
もう、この前座のLIVEの時点で、日本人女性が一人脱いでて、上半身黒ブラだけになってたんだけどwwwwwww。
ええーっ、それってTOSHIが「裸の付き合いをしようぜ!」って言ったときに脱ぐもんなんじゃないの!?
っていうかXのLIVEってほんとに女性が脱ぐんだね、びっくりしちゃったよ(w。
ただ、クラブとかLIVEハウスならともかく、前述のとおり、この会場は普段ミュージカルとかを主に行っている会場のせいか、壁紙とか内装がなんか昔のオペラ座っぽいとこなので、さすがにそういう格好は、ちょっと自重してほしかった(;・∀・)。
詳しい内装はI.N.A.のBlogでも紹介されてるから、そこで見ていただきたいんですけども、演目によっては、ドレスやタキシードを着て観に来る人がいるようなモノを普段はやっている会場です。
もっとも、そんな雰囲気の館内に、前述のXの黒いTシャツを着たみなさん、メタラーやゴスロリっぽいみなさん、そしてhideやYOSHIKIのコスプレ軍団が集まってくれたおかげで、すでに充分カヲスな光景になっていましたから、何をいまさらって感じでしたけどね(w。
うん、やっぱ、この何でもあり感がXだ!
っていうかね、実際に館内は熱かったような気がする。
まだ客席が開く前に館内で並ばされていた時から、すでにちょっと汗臭かったもん(w。
それぐらい明らかに熱気があったと思う。

でも、Xの予定時刻になっても、1階席は後ろのほうの3列ぐらいがほとんど空いてましたね。
元々空けていたのか、売れなかったのか、当日券用にとっておいたけど、やっぱり売れなかったのかはわかりませんが。
LIVEが始まった後は、ステージに夢中だったので、その後どうなったのかはわかりませんが、少なくとも物理的には満席じゃなかったと思います。
2階席も、前のほうは入っていましたが、後ろのほうは見えなかったのでわかりません。
でも、チケットはどこの席も値段は一緒だったはずだから、2階席にもお客さんがいたということは、やっぱり元々そこは売ってなかったのかな?

さて、ここからLIVE本編に突入するわけなんですが、すいません、正直、ここから先はほとんど覚えてません(w。
Utadaの時は、LIVEを堪能しながらも、全ての曲順や、だいたいのMCを覚えていられるぐらいの余裕があったんですが、今回は無理でした。
え、何故か?って。
そりゃ相手がXだからだ、と言いたいトコだが、それだけじゃない
結論から先に言うと、2時間弱のLIVEで、バラードが1曲のみで、MCが1箇所のみというとんでもないLIVEだったからだYO!
あれだけノンストップでロックなヒット曲を連発されたら、そりゃ曲順とか細かいとこは覚えてられんわ(w。
というわけで、ここから先はさらにうろ覚えで書いていきます。

続きを読む
posted by LE ROI TRISTE at 13:18| シアトル ☁| 邪道式音楽評論 [Music Reviews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

LE ROI TRISTEの「こんなモン食ってきた!!」(「Ephesus Restaurant」編)

今回、行ってきたのは、West Seattleにあるトルコ料理店「Ephesus Restaurant」。
と言いつつ、来るのは2回目だったり(w。
でも、お気に入りの店なんですよ。
というのも、そもそもトルコ料理店そのものがシアトルでは珍しい。
地中海料理とかだと、たまに見かけるんですけども。

というわけで、通勤ラッシュで混み合うI-5を超えて、橋を渡り、古きよき時代の雰囲気が残るWest Seattleをすり抜けて、一見すると民家のような店舗に辿りついた。
なんかWest Seattleにあるレストランって結構こういう民家っぽい店舗が多いような?
でも、この店のいいところは、路駐や有料駐車場が当たり前なシアトル地域にありながら、隣がRite Aidということもあり、無料で停車できる駐車場が隣接されてる点である。

続きを読む
posted by LE ROI TRISTE at 19:31| シアトル ☀| 邪道式美食評論 [Gourmet Reviews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

"PERFECT BLUE"


パーフェクトブルー【通常版】 [Blu-ray]

パーフェクトブルー【通常版】 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: Blu-ray



追悼 今敏


オトナ帝国」と同じく昔の作品なので、いつか機会があったら語ろうとずっと思っていたのですが、まさかこの短期間で2度も追悼目的で好きな作品を語ることになるとは思っていませんでした。
今敏というと、おそらく「パプリカ」が一番有名な作品かもしれませんが、この「パーフェクトブルー」という作品は、今敏監督のデビュー作にして、最高傑作だと思っています。
それどころか、日本の劇場版アニメ史上でも、TOP10に残る作品ではないでしょうか?
最大の難点を言うなら、残酷な殺人場面、そしてレイプやヌードのシーンがあるので、子供や女性には観せにくいということでしょうか(実際に日本や海外ではR-15かR-18になっています)
しかし、それでも、少なくともLE ROI TRISTEの中では、歴代6位ですね。
だって、こんな作品今でも他に観たことがないから。
ハリウッド映画で例えるなら、「羊たちの沈黙」や「セヴン」のようなサイコ・スリラーやサスペンス映画を観ていたはずなのに、まるで「マトリックス」や「シックス・センス」のようなSFやオカルト映画を観ていたかのようなこの感覚
とても言葉では言い表せない。
とにかく何度観ても、怖くてキモくて後味が不気味すぎる作品です。

今観ると、明らかに時代を感じる絵柄、登場人物、音楽、それでいてアニメでありながら、非常にリアルなキャラクター・デザイン。
なにより、アニメでは珍しいサイコ・スリラーという作品。
ジブリぐらしか知らない人は、何故これを実写じゃなくてアニメでやるのか?と思うかもしれない。
だが、1度この作品を見始めれば、鮮やかに交差される時間軸と、細かい描写に目を奪われ、他の作品とは一味違うことに気づくであろう。
そして次々と入れ替わり、共存していく現実と幻覚。
そんなカオスな世界観を見事に表現した映像。
これは当時はもちろん今の邦画でも実写でやることは不可能だろう。
何故なら、これほどまでに細かく描きこまれたこの映像美は、実写よりもよっぽど現実っぽいからだ。
アニメで現実と幻覚の比較を描く以上、土台となる現実の描写を疎かにできないし、実際にしないのが今敏なのだ。

続きを読む
posted by LE ROI TRISTE at 17:48| シアトル ☀| 邪道式映画評論 [Movie Reviews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする